カメラ

写真を趣味にしたい初心者の揃えるべきカメラとおすすめ楽しみ方法

更新日:

ユキズ@yuki_PHZ
趣味ならカメラ!カメラを始めよう!

カメラを趣味で始めるなら、カメラを始め、必須道具は最初から揃えておきましょう。

最低限揃えたら、自分の撮影したい写真や撮影スタイルに応じて、細かく買い揃えていくのが良いですよ。

写真を撮るならカメラは必須!その他関連必需品

カメラ

カメラには、デジタル一眼レフカメラやデジタルコンパクトカメラなどのデジタルカメラ、一眼レフカメラやインスタントカメラやポラロイドカメラなどのフィルムカメラがあります。

撮ってからの現像費用が必ずしもかからないデジタルカメラが、初心者にはおすすめです。

最近では、デジタルコンパクトカメラも高機能になりつつあり画質もよいですが、ファインダーを覗き見たままを撮れるデジタル一眼レフが撮影自体面白くよりカメラを楽しめるのでおおすめです。

レンズ

コンパクトカメラならレンズ一体式なので、一台買えば追加でレンズを購入する必要がないので費用をがっつり抑えたいたらおすすめです。

ただ光学ズーム式だと、望遠側の画像が引き伸ばしたような荒さが目立つのが特徴になります。さらに、ディスプレイでピントや構図を確認するのが、むづかしさがあります。

一眼レフカメラであれば、両手とファインダーを覗いた際の額による3点でのカメラの支持ができますので、ブレを少なく撮影をすることができるのが特徴なので、実はデジタル一眼レフカメラが撮りやすくておすすめなんです。

一眼レフの場合には、様々なレンズが発売されており、自分の好みの焦点距離のレンズを購入すれば良いです。ただし、最初から具体的な被写体や撮影スタイルが無いのが普通ですから、ダブルズームキットなどを買っていろいろ撮影してから、自分のこだわりに応じて必要なレンズを買い足すのが良いでしょう。

ダブルズームキットというのは、焦点距離が広角~標準のズームレンズと、標準~中望遠のズームレンズの2つがカメラとセットに販売しているものです。

それぞれ単体で買うよりもお得ですし、幅広い焦点距離で、最初から様々な写真の撮影にチャレンジできるんです。

バッテリー

大抵はカメラを買うと1つは付属されています。

ただ、撮り始めると気付くのですが、意外とバッテリーの消耗が早いんです。

また、後述しますがデジタル一眼レフのメモリーカードは安くて大容量です。

つまり、メモリーカードの容量いっぱいを撮ろうとすると一つのバッテリーだと心もとないです。

デジタル一眼レフカメラだと、大抵4K動画を撮れるモードがありますが、バッテリーもメモリーカードも消耗が激しいので、動画撮影をしたいのならば、もう一個とは言わず34個はスペアを持っておくことが必要です。

メモリーカード

デジタル一眼レフもデジタルコンパクトカメラも、メモリースティックやSDメモリーカードが対応となっています。

64GB4000円前後で購入できるなどかなり安価になっています。

64GBなら家族旅行などでちょこちょこ撮る分では、十分すぎるほどの容量です。

ただ、撮影目的のお出かけや、動物やスポーツなどで高速連写を多用する場合などでは、容量が不足する可能性があります。

撮った中から、随時写真を整理して削除しておこうと考えると、64GBだと逆に容量が多くてかなり面倒な作業になるでしょう。

安価なメモリーカードですから、23枚常備して、写真撮影用や動画撮影用などで分けておくとパソコンでの作業も効率的に行うことができますよ。

ストラップ

カメラは基本的には、移動中も撮影中もストラップをつけ首にかけておきます。

ゆえに、常に体に接しておくものになりますから、楽に身につけられるものを選んだほうが良いです。

コンパクトカメラならまだ軽い方ですが、デジタル一眼レフカメラだとレンズ込みで1kgになります。それだと、ずっと首にかけておくのも辛くなりがちになります。

私は、幅広いストラップで、長さを自在に変えられるタイプのものを使用していますがかなりおすすめです。基本的にショルダー掛けにしておいて、短くすれば体に密着させて固定して、撮影の時は長くすれば撮れます。移動中も楽で、撮影の時も瞬時にカメラを構えることができるのでストリートスナップも楽にできます。

メンテナンスグッズ

後回しにしがちなのがメンテナンスグッズです。

最初は、クリーニングキットなど購入して使用してみて、追加でもっとこういうものが欲しいなというものが出てくれば追加で購入すれば良いでしょう。

基本的には、レンズの汚れや誇りを除去することと、ボディに付着した汚れや誇りを除去することの2点を行います。

カメラとレンズを装着する部分は基本的には汚れがつかないようにします。万一、カメラ内部などに汚れがついたなどしたら、自分で清掃を試みる前にメーカーに相談するなどした方が良いでしょう。

メーカーは各拠点にクリーニングセンターがありますので、持ち込みや配送でカメラのクリーニングを有料で行ってくれます。保証適用ならクリーニング費用は無償となる場合がありますので事前のお問い合わせと相談が必要です。

三脚

夕方から夜間、さらには日の入りまえなど太陽が出ていない時での撮影や、室内などの暗所、自分も含めた集合写真や記念撮影などの際には三脚が必要になります。

また、昼間であっても、マクロ撮影したい場合に三脚を利用することで手ブレを一切発生させないで撮る方法もあります。

または、スタジオや室内で、カメラ位置を固定して、連続して人物や品物を撮る際にも三脚は必要になります。

遅かれ早かれ、写真撮影をしていると必要になってくるのが三脚という存在です。一度セッティングしてしまえば、撮影はレリーズやリモコンレリーズで行えるのでかなり楽です。

自由雲台など様々なタイプがありますが、最初は安価な三脚を試してみて、徐々に自分が撮影したいスタイルに合わせて買い替えや買い足しを行なっていけばよいでしょう。

三脚には、重量によって選ぶものが変わってきます。簡単に言うと、コンパクトカメラ用の細くて軽い三脚だと持ち運びも楽でいいのですが、デジタル一眼レフカメラに使用すると重量に耐えられず固定できないといった問題があります。

三脚に迷うようなら、デジタル一眼レフカメラ用のしっかりしたものを利用すれば、コンパクトカメラも使えるのでおすすめですよ。

カメラバッグ

私は、気合の入ったカメラバッグは最初は不要だと思っています。

大きな専用バッグにしまえるだけ複数のレンズも持っていき、付属品やメンテナンスグッズもなにもかも持ってというのは、なかなか重いし面倒だしどうせ使わないです。

普段使いのバックパックやショルダーバックに、カメラ用のインナーバックを利用して持ち運べばそれで構わないと思います。

富士登山にデジタル一眼レフカメラの7Dを持って行った時には、バックパックの脇の取り出し口近くに衣類に包むように詰め込んで登りましたが、全然問題ありませんでした。

ストリートスナップなど撮影歩きしたいなら、ストラップをつけてそのまま持っていけばすぐ撮れるので良いです。どうしても、目的地までまたは撮影後帰宅まで一切撮らないからバッグに収納したいなら、レンズを装着したままのカメラ1台分をしまえるバッグが良いでしょう。

最初は小さくコンパクトにすぐ撮影出来る状態から始めて、必要になってからカメラバッグをこだわっていきましょう。

余裕があれば、準備したいカメラを守る保管具

防湿庫、防湿ケース

一定期間使わないときなどは、防湿庫や防湿ケースにいれてカメラやレンズを保管すると、湿気による故障を防げるので、余裕が出てきたら買い足しましょう。

防湿ケースならかなり安く買えますので、最初なら除湿剤とともに揃えると良いです。

デジタルカメラならパソコンは揃えておきたい

パソコン

デジタルカメラで撮影した写真のデータは、各種メモリーカードに保存されています。

写真を閲覧するならりそのままカメラのプレビューモードで見るから、パソコンにデータを移して見ることになります。

プリントしたい場合、プリンターにメモリーカードを挿入して直接プリントできるモデルもあります。

ただ、写真を整理したり、簡単に補正するには、やはりパソコンで行うのが正確で早くてとても楽です。

さらに、パソコンであれば、RAW撮影した写真の現像処理を行うことができます。それには、専用ソフトが必要となり、パソコンにも一定以上のスペック能力が必要です。

とはいえ、市販のパソコンは大体推奨スペックがありますので、迷う必要はありません。

ASUSHPDELLの中堅モデルを選べば長く使えるでしょう。

私としては、デジタル写真の楽しみの醍醐味は、RAW撮影とその現像処理だと考えているので、初心者こそ最初からチャレンジして欲しいです。

思い通りの写真を撮る、思い通りの写真に現像することが、取得したい理想の撮影技術です。

持っておきたいInstagramのアカウント

写真を撮るなら是非Instagramは始めましょう。

Instagram 公式サイト

なにも自撮りや家族、仲間の写真を投稿する必要はありません。

旅先で巡り合った絶景に沈む太陽の写真や、祭りの躍動感ある神輿の写真、春を知らせる桜の写真など、自分なりによく撮れたなぁと思う写真を投稿すればいいのです。

Instagramのおすすめなところは、ハッシュタグを使えば、フォロワーが少なくても、最初から十数件いいねがもらえるところです。

SNSが苦手でも、投稿するのは写真とハッシュタグと気持ちコメントくらい。

それを続ければいいだけなのがInstagramの良いところです。

最初からいいねをもらって自分の写真に対する反響をどんどん得ることができるので、写真を撮るのも、写真を投稿するのもとっても楽しく続けられますよ!

チャレンジしよう!独自ドメインの写真ブログ

Instagramに慣れてきたら、自分のブログを持つとさらに楽しくなりますよ!

Instagramでは写真とちょっとこのコメントをつけて投稿するだけでしたが、自分のブログとなると情報量が桁違いです。

例えば、撮ってきた写真とともに撮影スポットの詳細を書くとか、その写真をどんなカメラやレンズでどんな設定で撮影してきたとか、この写真を撮るのにこんな工夫をしたとかなどなど、ブログにはたくさんのことを書くことができます。

インターネットで撮影スポットやカメラの情報を検索して調べることが良くあると思いますが、検索して閲覧しているブログのように作ることが可能ということなんです。

また、ブログにはバナー広告がちょこちょこ貼ってあると思いますが、その広告をクリックするとブログの持ち主に広告料が支払われる仕組みがあります。ブログを見てくれる人が多くなれば、自ずと金額増えてちょっとしたお小遣い稼ぎになりますよ。

プリンターは購入した方が良いのかどうか

jarmoluk / Pixabay

購入しなくてもプリントの方法は沢山ある

パソコンが無くてもメモリーカードがあればプリントはできる

自宅にプリンターを置かなくても、メモリーカードを持参すれば、セブンイレブンなとコンビニでも複合機で写真のプリントが可能です。

もしプリント機での操作に不安があるなどするなら、カメラのキタムラなどのショップにあるプリント機などで、プリントを試みたりすると良いでしょう。

簡単な補正も出来ますし、疑問点があればスタッフに聞いてみることも可能です。

ネットで注文して受け取ることができる

わざわざ出向いてプリント機の操作をしなくても、ネットでプリントの注文ができます。

自宅のパソコンでプリントしたい写真を整理して、補正したら、各写真のプリント枚数を決めて注文するだけです。

サービスによっては、自宅住所に郵送してしてくれるものもあります。

私がよく行うのは、カメラのキタムラのネットプリントサービスです。

パソコンやスマートフォンで写真を選んで枚数を決めて注文するだけ。

すると、混み具合によりますが、15分くらいでプリント終了の案内が来ます。

あとは、事前に登録した最寄りのカメラのキタムラに写真を撮りに行けば、店舗での待ち時間ゼロで写真を受け取ることができます。(プリントサイズによって変わります)

自宅や職場、利用する駅の近くにカメラのキタムラがあれば利用してみて下さい。

さいごに

ユキズ@yuki_PHZ
徐々に自分なりのこだわりを見つけていこう!

ここで紹介したのは、とりあえず写真が撮れることと、撮った後にすぐ楽しむ方法です。

一通り揃えたあとは、どんどん写真を撮って、どんどん投稿してプリントしていけば、もっともっとこうしたいという気持ちが溢れてきます。

そうしたら、フラッシュを買って見たり、個性的なレンズを揃えて見たり、遠くの撮影スポットへ出かけて見たりして見ましょう。

ぜひ、素晴らしく楽しいカメラライフをお過ごしください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユキズ(@yuki_PHZ)

ユキズ(@yuki_PHZ)

CANON EOS 7Dを誕生日に自己プレゼント。しかし、カメラを購入して即なにを撮りたいのかわからない病にかかりしばらくの間カメラを放置した過去を持つ。 それから早10年近くたち、あれこれ楽しく撮影できるようになりました。 同じようにカメラで一体なにを撮影したらいいのかわからなくて、一歩踏み出せない方に、カメラの面白さを伝えています。

読んでおきたいおすすめ厳選記事

1

ユキズ@yuki_PHZディズニーで写真をいっぱい撮って思い出を大切に残そう! せっかくのディズニーへ旅行に行くので大切な思い出を写真に残したい!でも、カメラといえば、スマホしかもってない。せっかくだ ...

2

ユキズ@yuki_PHZ最初から素敵な写真を撮ろう! 何を撮れば、カメラを趣味として楽しんでいけるのか疑問に思うことありますよね。 最初に何を撮ればカメラを趣味で続けられるかは、素直に良い被写体を撮る ...

3

ユキズ@yuki_PHZ カメラを趣味にすると、どんな楽しみがあるんでしょうか。 撮りに行ってよし、撮ってよし、写真にしてよしのどの段階も楽しいのがカメラの魅力をまとめてみました。 撮影そのものを楽し ...

-カメラ
-, ,

Copyright© なに撮る? , 2019 All Rights Reserved.